top of page
  • Masayuki Asahi

蘇ります😊

昨日打直しの依頼がありました。各二枚、四枚の掛ふとんです。


どちらもたぶん20年以上前、婚礼の時に持っていったお布団かと思います。

緞子ふとんとして、婚礼の道具の一つとして持っていきました。

親御さんが持たせてくれた思い出の品だと思います。

お一人はそれほど使っていないので、側も使って少し軽くしてまた使うようです。

もう一人の方は新しい側に入れ直してまた使うようです。


中の綿は質の良い木綿の綿が入っています。


それをまた機械に通して、新しい綿の様に蘇ります。

それをおふとんに仕立てて、新しいふとんの様に蘇ります。


物を大事にする心、親御さんからの想いを繋ぐ。

そんなお手伝いをさせて頂きます。





最新記事

すべて表示

もうマットレスには戻れない…外国人記者が「ニッポンの布団」を大絶賛するこれだけの理由 ベッドを手放し、最高の睡眠を手に入れた #プレジデントオンライン https://president.jp/articles/-/67265 記事の中ではニトリの3万円のふとんセットが気持ち良かった!とのことですが、中身はなんだろう🤔 僕は少し薄めの敷ふとんを2枚敷いてます。 下のふとんは綿100%の固いインド

bottom of page